空と無我 : 仏教の言語観

定方晟 著

「行くものは行かず」-ナーガールジュナの逆説が示す、言語の限界と可能性とは?シャープな論理展開で、<空>の思想と<無我>の実践に大胆にアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分とはなにか
  • 2 自我から無我へ
  • 3 ほかのたとえ-無我と輪廻
  • 4 存在の研究-アビダルマ
  • 5 空の思想
  • 6 ナーガルジュナの『中論』
  • 7 行くものは行かず
  • 8 二つの真理
  • 9 唯識思想の誤謬
  • 10 空思想は神秘主義にあらず
  • 11 無我の実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空と無我 : 仏教の言語観
著作者等 定方 晟
書名ヨミ クウ ト ムガ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.5
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4061489976
NCID BN04670521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90038598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想