天安門落書

串田久治 著

「政府正腐」-腐った政府は、「民主少一点」-民主に一点少ない民の王だ。1989年、体制の腐敗に対する学生・労働者の批判が天安門広場に結集する。言葉の国の伝統に根ざした口号・標語に民主化へのうねりを読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • どうぞ民主をお恵み下さい
  • 民主が少し足りない
  • 官僚プローカー
  • 李鵬
  • 尋ね人のお知らせ
  • 父子の道は天性なり
  • お母さん、お腹が減りました
  • 血の債務は血で購ってもらう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天安門落書
著作者等 串田 久治
書名ヨミ テンアンモン ラクガキ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1990.5
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4061489984
NCID BN04669963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90038687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想