日本の食生活全集  21

日本の食生活全集岐阜編集委員会【編】

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの岐阜県の食生活を再現したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古川盆地<国府>の食-年取りのぶりと白飯がなによりのごっつぉう
  • 飛騨白川の食-貴重な米をどぶろくにして神と共食の白川祭り
  • 恵那平坦<東野>の食-お蚕さんの売り上げで米中心の潤う暮らし
  • 恵那山間<串原>の食-養蚕とこんにゃくづくりに生きる藩制期から一村のままの里
  • 美濃<御嵩>の食-中仙道の通う山里に伊勢の魚の押しずし
  • 押揖斐<徳山>の食-米を補う雑穀といも類、そしてあまりある樹林の恵み
  • 南濃輪中の食-県下随一の水田地帯はふな、こい、なまずの故郷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食生活全集
著作者等 日本の食生活全集岐阜編集委員会
森 基子
書名ヨミ ニホン ノ ショクセイカツ ゼンシュウ
書名別名 聞き書岐阜の食事
巻冊次 21
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1990.5
ページ数 357, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4540900048
NCID BN04662840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90039990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聞き書岐阜の食事 「日本の食生活全集 岐阜」編集委員会
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想