生殖生物学入門

館鄰 著

生命の連続性とはなにか。多様にして複雑な生殖現象を、生命の連続性維持に焦点を合せて広く見渡してみると、そこに生物の世界のおもしろさが見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基礎概念(生殖
  • 生物学的自己複製
  • 生殖における多様性と不変性
  • 生殖様式
  • 生殖細胞と生殖系列
  • 性的異型性と性決定
  • 生殖行動
  • 生殖周期
  • 類生殖現象-生殖過程の人為操作)
  • 2 生殖細胞(生殖細胞決定因子
  • 始原生殖細胞
  • 完成期生殖細胞
  • 形成期生殖細胞
  • 受精)
  • 3 生殖様式(有性ミクシス生殖
  • 無性ミクシス生殖
  • アミクシス生殖
  • 依存型生殖
  • 非依存型生殖
  • 交代型生殖)
  • 4 類生殖現象-生殖過程の人為操作(生殖周期と生殖行動の操作
  • 生殖細胞の操作
  • 初期胚の操作
  • ゲノムの操作)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖生物学入門
著作者等 館 鄰
舘 鄰
書名ヨミ セイショク セイブツガク ニュウモン
シリーズ名 UP biology
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1990.5
ページ数 161p
大きさ 19cm
ISBN 4130631322
NCID BN04660426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90042842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想