刑法各論

曽根威彦 著

人格的法益から財産的法益・公共的法益への流れのなかに、豊富な判例や設例を織り込みつつ、重要度に応じて分かりやすく説明した待望のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論-刑法各論の概念
  • 第1編 人格的法益に対する罪(生命および身体に対する罪
  • 自由に対する罪
  • プライバシーに対する罪
  • 名誉および信用に対する罪)
  • 第2編 財産的法益に対する罪(財産罪総論
  • 窃盗および強盗の罪
  • 詐欺および恐喝の罪
  • 横領および背任の罪
  • 贓物に関する罪
  • 毀棄および隠匿の罪)
  • 第3編 公共的法益に対する罪(公共の安全に対する罪
  • 公共の信用に対する罪
  • 風俗に対する罪
  • 国家の存立に対する罪
  • 国家の作用に対する罪)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法各論
著作者等 曽根 威彦
書名ヨミ ケイホウ カクロン
書名別名 Keiho kakuron
シリーズ名 法律学講義シリーズ
出版元 弘文堂
刊行年月 1990.3
版表示 2刷(部分修正)
ページ数 293, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4335320248
NCID BN04657749
BN12083270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90030508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想