原子炉用アルミニウム合金に関する研究

軽金属協会原子炉用軽金属小委員会 編

[目次]

  • 原子炉用アルミニウム合金に関する研究
  • (目次)
  • 序説
  • I 原子炉用材料としての2Sおよび52Sなどの改善に関する研究 / p1
  • 1. 原子炉材としての適当な合金組成の決定 / p2
  • 1.1 第1次共通試料による腐食試験 / p2
  • 1.2 第2次共通試料による試験 / p55
  • 1.3 市販品共通資料による腐食試験 / p83
  • 1.4 株式会社神戸製鋼所における単独試験 / p88
  • 1.5 むすび / p95
  • 2 再結晶温度上昇に関する研究 / p96
  • 2.1 まえがき / p96
  • 2.2 試料の作成 / p96
  • 2.3 試験結果 / p96
  • 2.4 むすび / p118
  • 3 結晶粒度と熱処理 / p119
  • 3.1 熱処理の影響 / p119
  • 3.2 結晶粒度の影響 / p134
  • 4 冷却水による腐食機構の研究 / p137
  • 4.1 まえがき / p137
  • 4.2 高温純水中での腐食生成物皮膜について / p138
  • 4.3 高温純水中でのアルミニウムの腐食の電気化学的特性 / p149
  • 4.4 むすび / p159
  • 5 アルミニウムおよびその合金の腐食条件に関する研究 / p161
  • 5.1 まえがき / p161
  • 5.2 pHと添加イオンの影響 / p161
  • 5.3 溶存酸素の影響 / p173
  • 5.4 比液量の影響 / p177
  • 5.5 間隙腐食について / p178
  • 5.6 むすび / p179
  • II ガス含有量の少ないアルミニウム展伸材の製造に関する研究 / p181
  • 6. アルミニウム展伸材中のガス低減のための研究 / p182
  • 6.1 まえがき / p182
  • 6.2 大気中溶解,鋳造によるアルミニウム展伸材の製造工程中のガス介入経路の検討(水素介入経路の重水による追跡) / p183
  • 6.3 真空融解および鋳造 / p191
  • 6.4 従来の融解および鋳造法と含有ガス量との関係 / p201
  • 6.5 真空融解鋳造によつてえた展伸材の諸性質 / p204
  • 6.6 ガス分析結果についての検討 / p220
  • 6.7 むすび / p226
  • 7. アルミニウム中の水素と重中水の重水素との交換による重水汚染の可能性 / p228
  • 7.1 まえがき / p228
  • 7.2 試験方法 / p228
  • 7.3 試験結果 / p229
  • 7.4 試験結果の考察 / p230
  • 7.5 むすび / p231
  • 7.6 第2編の総括 / p231
  • 参考文献 / p233
  • 謝辞 / p236
  • 付録 小委員会配付資料一覧表 / p237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 原子炉用アルミニウム合金に関する研究
著作者等 軽金属協会
軽金属協会原子炉用軽金属小委員会
書名ヨミ ゲンシロヨウ アルミニウム ゴウキン ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 Genshiroyo aruminiumu gokin ni kansuru kenkyu
出版元 軽金属協会
刊行年月 1960
ページ数 242p
大きさ 27cm
NCID BN04655812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61011559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想