日本の刀剣

佐藤貫一 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序にかえて / p1
  • 第二章 日本刀の出現まで
  • 一 人類の原始武器 / p3
  • 二 奈良時代以前の刀剣の種々 / p7
  • 三 法隆寺の銅剣 / p14
  • 四 上代の刀装 / p16
  • 1 環頭太刀 / p17
  • 2 頭槌大刀と円頭・圭頭・方頭の太刀 / p19
  • 3 儀仗 / p20
  • 4 使用上からの拵様式 / p21
  • 五 正倉院の刀剣 / p22
  • 六 正倉院御物刀剣類の拵 / p30
  • 第三章 日本刀の歴史
  • 一 平安末期-鎌倉初期の刀剣 / p33
  • 二 鎌倉中期-末期の刀剣 / p40
  • 三 南北朝時代の刀剣 / p44
  • 四 室町時代の刀剣 / p49
  • 五 桃山時代の刀剣 / p59
  • 1 時代の風尚 / p59
  • 2 新刀の意義 / p60
  • 3 南蛮鉄 / p62
  • 4 その他の特徴 / p63
  • 5 各地の刀工とその作風 / p64
  • 六 江戸期の刀剣 / p66
  • 七 幕末時代の刀剣 / p68
  • 八 明治から現代までの刀剣 / p71
  • 第四章 日本刀に見る彫物
  • 一 樋 / p74
  • 二 その他の彫物 / p78
  • 1 古刀期の彫物 / p78
  • 2 新刀期の彫物 / p83
  • 3 刀身彫物の作者 / p86
  • 第五章 刀の研ぎ
  • 一 研ぎの歴史 / p91
  • 二 研ぎの工程 / p96
  • 1 研ぎ場 / p96
  • 2 用具 / p97
  • 3 研ぎ方 / p100
  • 第六章 鎺と白鞘
  • 1 鎺 / p102
  • 2 白鞘 / p104
  • 3 拵の製作 / p105
  • 第七章 名刀の鑑賞
  • 一 鑑賞のねらいと態度 / p106
  • 二 各時代の名工 / p111
  • 1 伯耆安綱とその一統 / p111
  • 2 三条宗近とその一派 / p114
  • 3 古備前派の諸工 / p117
  • 4 九州の古名工 / p123
  • 5 備前一文字派の名工 / p133
  • 6 備前長船派の名工 / p140
  • 7 粟田口派の名工 / p145
  • 8 来派の名工 / p149
  • 9 相州正宗とその一門 / p151
  • 10 室町時代の著名刀工 / p155
  • 11 慶長新刀の名工 / p164
  • 12 長曾禰乕徹 / p179
  • 13 津田越前守助広と井上真改 / p181
  • 14 源清麿 / p184
  • 第八章 贋物譚 / p187
  • 第九章 日本刀の外装と鐔・小道具
  • 一 刀装の変遷 / p203
  • 二 鐔・小道具 / p209
  • 第6章 用語解説 / p220
  • 図版
  • 巻頭
  • 本文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の刀剣
著作者等 佐藤 寒山
佐藤 貫一
書名ヨミ ニホン ノ トウケン
書名別名 Nihon no token
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1961
版表示 増補版
ページ数 241p 図版
大きさ 19cm
NCID BN04648318
BN04710841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61005957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想