一茶俳句集

小林一茶 著 ; 丸山一彦 校注

一茶は晩年にいたるまで作句力の衰えを知らず生涯に約二万句の俳句をのこした。ここにはその中から二千句を選んで制作年代順に配列し脚注を付す。その句は詩人の生きぬいた苛烈な人生を反映し、鮮烈にして個性的な「人生詩」となっている。

「BOOKデータベース」より

一茶(一七六三‐一八二七)が生涯に残した約二万句の俳句から二千句を選んで制作年代順に配列し脚注を付した。その句は一茶の生きぬいた苛烈な人生を反映し、鮮烈にして個性的な「人生詩」となっている。本書を読むことは句を通して一茶の生涯をたどることに他ならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 寛政期
  • 享和期
  • 文化前期
  • 文化後期
  • 文政前期
  • 文政後期
  • 年次不詳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一茶俳句集
著作者等 丸山 一彦
小林 一茶
荻原 井泉水
書名ヨミ イッサ ハイクシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.5
版表示 新訂.
ページ数 414p
大きさ 15cm
ISBN 4003022319
NCID BA30110318
BN04645444
BN05062474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90041712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想