ドイツとドイツ人 : 講演集

トーマス・マン 著 ; 青木順三 訳

1945年5月,ナチスドイツが無条件降伏した直後におこなわれたトーマス・マンの講演「ドイツとドイツ人」は、ドイツの精神的伝統の特質を見事に描き出したもので、数多いマンの思想的政治的発言の中でも特にすぐれたものといわれる。他に「理性に訴える」「ゲーテと民主主義」等を併収。ドイツを考えるための必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツとドイツ人
  • ドイツ共和国について-ゲールハルト・ハスプトマン第60回誕生日を記念して
  • 理性に訴える
  • ボン大学との往復書簡
  • ゲーテと民主主義
  • 芸術家と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツとドイツ人 : 講演集
著作者等 Mann, Thomas
青木 順三
マン トーマス
書名ヨミ ドイツ ト ドイツジン
書名別名 Sorge um Deutschland Sechs Essays
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.5
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 4003243471
NCID BN04645080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90041909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想