支那社会研究

橘樸 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 支那社會の階級 / 1
  • 第一節 舊支那社會に於ける資本家と地主 / 1
  • 一 資本家の性質--舊支那社會に於ける資本家的生產關係-- / 1
  • 二 地主の地位--支那農村社會の上部構造-- / 10
  • 第二節 支那農村の階級構成 / 24
  • 第二章 支那の農村及び農民問題 / 45
  • 第一節 帝國主義と農民經濟 / 45
  • 第二節 永久飢饉論 / 64
  • 第三節 支那農村の人口抱擁力 / 108
  • 第四節 北滿洲農村の充實過程 / 124
  • 第五節 邊境農村の發生的考察 / 144
  • 第六節 新開放地に於ける地主の機能 / 167
  • 第三章 支那資本家の特殊性 / 195
  • 第一節 支那資本家階級の發生的考察 / 195
  • 一 序說 / 195
  • 二 民族資本の集積過程 / 197
  • 三 支那資本主義の萠芽期 / 199
  • 四 買辦資本の構成 / 203
  • 五 結論の一 / 207
  • 六 結論の二 / 210
  • 第二節 上海資本家階級の靜態的考察 / 213
  • 第三節 上海資本家階級の動態的考察 / 235
  • 第四節 廣東財閥論 / 259
  • 第四章 支那勞働者の特殊性 / 305
  • 第一節 支那勞働者の「中世紀」性--溫情主義的工場管理法の理論的根據-- / 305
  • 一 「半產業化」せる勞働者 / 305
  • 二 「米貼」問題の意見 / 310
  • 三 勞働者の精神的要求 / 314
  • 第二節 上海總罷工及び其の意義 / 317
  • 第五章 支那官僚の特殊性 / 428
  • 第一節 官僚の社會的意義 / 428
  • 一 『官場現形記』の價値 / 428
  • 二 官僚社會の成立 / 430
  • 三 官僚生活の內幕 / 435
  • 四 官僚の階級性 / 442
  • 第二節 支那の村落及び家族組織 / 448
  • 一 單位部落の組織 / 449
  • 二 村落の敎育 / 452
  • 三 擧人の階級的意義 / 463
  • 四 官僚學問の眞相 / 470
  • 五 農村の家族組織 / 475
  • 第三節 地方官僚の生活 / 486
  • 一 地方官僚組織 / 488
  • 二 地方小官吏の生活 / 496
  • 三 獵官と賣官 / 502
  • 第四節 官僚生活の營業性 / 517
  • 一 新舊官場の比較 / 517
  • 二 營業性の經常的態樣 / 522
  • 三 營業性の臨時的態樣 / 527
  • 四 官僚の營利行爲と家族制度 / 533
  • 五 官僚營業の本質及び將來 / 539
  • 第六章 支那家族制度の動態的考察 / 547
  • 第一節 支那家族制度の破綻 / 547
  • 第二節 支那婦人の環境及び問題 / 574
  • 一 序說 / 574
  • 二 婦人と奴隷(「女子と小人」) / 575
  • 三 支那婦人の環境 / 577
  • 四 死を急ぐ支那婦人 / 579
  • 五 支那婦人一代記 / 582
  • 六 婦人運動の方向 / 585

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那社会研究
著作者等 橘 樸
書名ヨミ シナ シャカイ ケンキュウ
書名別名 Shina shakai kenkyu
出版元 日本評論社
刊行年月 1939 5版
ページ数 588, 16p
大きさ 23cm
NCID BN0464272X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60009004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想