貨幣と信用

ジェームズ・S.デューゼンベリー 著 ; 貝塚啓明 訳

[目次]

  • 目次
  • 1 序論 / p1
  • なぜ貨幣は有用なのか
  • なぜ貨幣はめんどうなことを引き起こすか
  • 経済政策の手段としての貨幣量の統制
  • 2 貨幣の本質とその進化 / p6
  • なにが貨幣となりうるか
  • アメリカにおける貨幣の種類
  • 準貨幣
  • 貨幣の進化
  • 準備の問題
  • 不換紙幣
  • 預金銀行
  • 銀行はいかにして貨幣を創造するか
  • 乗数倍の預金拡張
  • 貨幣供給の公的コントロール
  • 要約
  • 3 アメリカにおける貨幣と銀行の発展 / p30
  • 国法銀行制度の欠陥
  • 連邦準備制度
  • 連邦準備制度の下における預金拡張
  • 貨幣供給をコントロールする三つの手段
  • 貨幣政策と経済活動
  • 要約
  • 4 近代の商業銀行 / p53
  • 銀行経営の問題
  • 銀行の破産
  • 銀行規制と預金保険
  • 銀行資金の運用
  • 流動性の維持
  • 貸付けと投資
  • その他の資産
  • 銀行資産の循環的変動
  • 要約
  • 5 資本市場 / p70
  • 利子率と投資支出
  • 貸手の反応
  • 金融機関の発展
  • 資金に対する競争
  • 要約
  • 6 貨幣に対する需要・供給と利子率 / p90
  • 家計の貨幣に対する需要
  • 貨幣・流動資産に対する需要と所得
  • 貨幣と他の流動資産との競争関係
  • 企業の貨幣と流動資産に対する需要
  • 貨幣に対する需給と利子率の水準
  • 利子率と投資
  • 貨幣供給と国民所得
  • 貨幣政策と完全雇用
  • 貨幣政策と資源配分
  • 貨幣供給増加の必要性
  • もう一つの接近:貨幣数量説
  • 要約
  • 7 実際の貨幣政策 / p116
  • 組織と意思決定
  • 景気循環に対する連邦準備制度の政策
  • 連邦準備制度の政策の貨幣供給に対する効果
  • 利子率の動き
  • 銀行貸付けと投資
  • 信用割当て
  • 利子率と支出
  • 貨幣政策の限界
  • 要約
  • 8 貨幣と経済政策の目標 / p132
  • 貨幣とインフレーション
  • GNPと物価
  • 貨幣政策とインフレーションのコントロール
  • 物価安定と完全雇用の両立
  • 貨幣政策と国際収支
  • 国際収支と完全雇用との相克
  • 貨幣政策と成長
  • 結論
  • 要約
  • 参考文献 / p145
  • 補論 日本の金融制度の特徴(訳者) / p147
  • 訳者あとがき / p155
  • 索引 / p157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貨幣と信用
著作者等 Duesenberry, James Stemble
貝塚 啓明
ジェームズ・S.デューゼンベリー
書名ヨミ カヘイ ト シンヨウ
書名別名 Kahei to shin'yo
シリーズ名 現代経済学叢書
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1966
ページ数 160p
大きさ 21cm
NCID BN04634277
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66001541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想