日本語に探る古代信仰

土橋寛 著

日本の古代信仰のもっとも中心的な課題は、霊魂(タマ)の観念であり、それも遊離魂よりはむしろ呪物崇拝に見られる霊力呪力(マナ)の観念である。呪力の信仰は言葉にも認められ、言霊信仰では、めでたい言葉はめでたい結果を、不吉な言葉は不吉な結果をもたらすとする。本書は、各種の儀礼、神話、歌を資料としながら、霊魂や呪物・呪術に関する言葉を、また神名の核となっている言葉を析出し、日本の古代信仰の実相を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 呪術・宗教と霊魂観念-日本語は語る(原始宗教に関する諸問題
  • 霊魂と生命
  • 神聖とは何か-「イ」「ユ」をめぐって)
  • 2 呪物崇拝と呪力信仰(自然と人間
  • 花見・山見の呪術的意義
  • 白鳥・鷺・白馬の呪力信仰
  • 邪眼と慈眼
  • 呪物崇拝と呪的・宗教的儀礼
  • 三種の神宝)
  • 3 日本の神と霊力(カミとモノ・オニ
  • 神社の祭神と司祭者
  • 神名の核をなす霊力
  • 神名の核にならない霊力-カ、ケ、カゲという語)
  • 4 コトバの呪術と宗教(呪詞とその起源
  • 言語呪術としてのウケヒ
  • 祝詞-神にイノル言葉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語に探る古代信仰
著作者等 土橋 寛
書名ヨミ ニホンゴ ニ サグル コダイ シンコウ
書名別名 フェティシズムから神道まで

Nihongo ni saguru kodai shinko
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.4
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 412100969X
NCID BN04633886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90047729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想