ユダヤ人とは誰か : 第十三支族・カザール王国の謎

アーサー・ケストラー 著 ; 宇野正美 訳

1500万ユダヤ人の9割を占める東欧系ユダヤ人は、『聖書』の民、セム系・ユダヤ人ではなかった。『ホロン革命』のケストラーが自らのルーツを探り、世界のタブー=ユダヤ人問題に挑戦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 訳者序文 真のユダヤ理解が国際化の鍵
  • 第1部 カザール王国の興隆と没落(南ロシア草原における興隆
  • ユダヤ教への改宗
  • ロシアの台頭による衰退
  • 首都陥落にひき続く没落)
  • 第2部 カザール・ユダヤの歴史的遺産(カザールの故地を離れて東ヨーロッパへ
  • カザール・ユダヤ人と「真のユダヤ人」
  • 交錯する流れを貫くカザールの血
  • ユダヤ人神話とその人種的多様性)
  • 付録 イスラエルとディアスポラ-歴史は歴史として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユダヤ人とは誰か : 第十三支族・カザール王国の謎
著作者等 Koestler, Arthur
宇野 正美
ケストラー アーサー
書名ヨミ ユダヤジン トワ ダレ カ
書名別名 The thirteenth tribe
出版元 三交社
刊行年月 1990.5
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 4879191027
NCID BN04630549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90033993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想