露伴の俳話

高木卓 著

文豪露伴は、かつて身寄りの初心者を相手に俳句指導の会を開いたことがあった。露伴の甥にして後に東大教授・作家として知られた著者が、自らその筵に列なったときのノオトをもとに露伴の肉声を再現する。的確無比の評言、舌を捲く博引旁証、ときに微醺をおび悠揚と説く俳句作りの勘所は、読む者を魅了する。一読、句作の腕・鑑賞の力が一ランク・アップ疑いなしの、豊饒にして稀有の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 露伴の俳話
  • 露伴の思い出
  • 露伴の片鱗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 露伴の俳話
著作者等 高木 卓
書名ヨミ ロハン ノ ハイワ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1990.4
ページ数 181p
大きさ 15cm
ISBN 4061589210
NCID BN04624309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90034534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想