情報のなわ張り理論 : 言語の機能的分析

神尾昭雄 著

自分の領域を侵すものを排除しようとする性質は、生物行動の一つの特徴である。このような<なわ張り>意識は言葉の世界にも存在し、言語表現をも規定しているという。「私、どうも頭が痛いらしい」など、自分の<なわ張り>に属する身体的情報を他人事のように表現した発話が不自然なのはそのためである。全く新しい視点から言語を捉えた意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 情報のなわ張りの理論
  • 第3章 情報のなわ張りと諸文形
  • 第4章 語句と情報のなわ張り
  • 第5章 情報のなわ張り理論と関連領域
  • 第6章 情報のなわ張り理論の今後の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報のなわ張り理論 : 言語の機能的分析
著作者等 神尾 昭雄
書名ヨミ ジョウホウ ノ ナワバリ リロン
出版元 大修館書店
刊行年月 1990.5
ページ数 277p
大きさ 22cm
ISBN 4469211591
NCID BN0462121X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90036951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想