ドキュメント大気汚染

篠原啓一, 藤原聡 著

公害病患者の新規認定を打ち切り、NO2の環境基準緩和など、"公害"が社会の表面から消し去られようとしている。千葉川鉄公害訴訟を端緒として、日本の環境行政の実態に迫り、大気の危機を訴える気鋭のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 逆風の中で迎えた判決の日
  • 2 風邪が治らないのが前兆だった
  • 3 工場がやって来て繁栄はしたけれど
  • 4 日本から大気汚染が消えてしまった?
  • 5 公害裁判では何が争われるのか
  • 6 終わらない論争 裁判は続く
  • 7 全国に広がる大気汚染訴訟
  • 8 大気汚染公害の原点 四日市はいま
  • 9 大気汚染 これからどうなる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドキュメント大気汚染
著作者等 篠原 啓一
藤原 聡
書名ヨミ ドキュメント タイキ オセン
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.2
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4480855319
NCID BN04619036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想