ベースボール・シティ : スタジアムにみる日米比較文化

杉本尚次 著

草創期には、空地や牧草地にダイヤモンドを描いただけで行われた野球は、やがて都市に巨大なスタジアムを生み出した。爾来一世紀、古代ローマのコロシアムにも似た現代の祝祭空間は、いまやドームをまとい、都市再開発の主役として脚光を浴びている。大リーグから日本野球、そして21世紀の都市文化へとスタジアムを通して俯瞰した新しい都市文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベースボールの起源をめぐって
  • 第2章 ベースボールから野球へ-日本での展開
  • 第3章 都市とプロ野球
  • 第4章 プロ野球の人類学
  • 第5章 大リーグ・スタジアム物語
  • 第6章 スタジアム・フィールドからドーム球場へ
  • 第7章 日本のスタジアム立地
  • 第8章 スタジアムは都市のシンボル
  • 第9章 マイ・ベースボール賛歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベースボール・シティ : スタジアムにみる日米比較文化
著作者等 杉本 尚次
書名ヨミ ベースボール シティ
シリーズ名 Fukutake books 17
出版元 福武書店
刊行年月 1990.2
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4828833161
NCID BN0461540X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90026336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想