民法総則

我妻栄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論
  • 第一 民法の規律する生活關係の範圍 / 1
  • 第二 民法の根本理論 / 12
  • 第三 民法の法源 / 22
  • 第四 民法の構成 / 38
  • 第五 民法の效力 / 41
  • 本論
  • 第一章 權利の主體 / 45
  • 第一節 總說 / 45
  • 第二節 自然人 / 56
  • 第一款 權利能力 / 56
  • 第二款 行爲能力 / 67
  • 第三款 住所 / 142
  • 第四款 不在者 / 151
  • 第五款 失踪宣告 / 158
  • 第三節 法人 / 174
  • 第一款 序說 / 174
  • 第二款 法人の分類 / 197
  • 第三款 法人の設立 / 230
  • 第四款 法人の登記 / 243
  • 第五款 法人の能力 / 246
  • 第六款 法人の機關 / 271
  • 第七款 法人の住所 / 288
  • 第八款 定款・寄附行爲の變更 / 289
  • 第九款 法人の消滅 / 293
  • 第十款 法人の監督 / 304
  • 第十一款 外國法人 / 306
  • 第二章 物 / 312
  • 第一節 權利の客體と物 / 312
  • 第二節 動產・不動產 / 325
  • 第三節 主物・從物 / 335
  • 第四節 元物・果實 / 338
  • 第三章 法律行爲 / 343
  • 第一節 總說 / 343
  • 第二節 法律行爲及び意思表示の本質 / 352
  • 第三節 法律行爲の分類 / 365
  • 第四節 法律行爲の目的 / 370
  • 第一款 目的の確定(法律行爲の解釋) / 371
  • 第二款 目的の可能 / 385
  • 第三款 目的の適法 / 389
  • 第四款 目的の社會的妥當 / 395
  • 第五節 意思と表示との不一致 / 412
  • 第一款 心裡留保 / 414
  • 第二款 虛僞表示 / 418
  • 第三款 錯誤 / 422
  • 第六節 瑕疵ある意思表示 / 433
  • 第一款 詐欺に因る意思表示 / 434
  • 第二款 强迫に因る意思表示 / 439
  • 第七節 意思表示の效力發生時期と受領能力 / 442
  • 第八節 代理 / 447
  • 第一款 代理總說 / 447
  • 第二款 代理に於ける三面の關係 / 465
  • 第三款 復代理 / 490
  • 第四款 代理權の消滅 / 495
  • 第五款 無權代理 / 501
  • 第九節 無效及び取消 / 525
  • 第一款 無效 / 525
  • 第二款 取消 / 536
  • 第十節 條件及び期限 / 553
  • 第一款 條件 / 555
  • 第二款 期限 / 569
  • 第四章 期間 / 579
  • 第五章 時效 / 584
  • 第一節 總說 / 584
  • 第一款 時效の意義と時效制度の存在理由 / 584
  • 第二款 時效の效力 / 591
  • 第三款 時效の中斷 / 607
  • 第四款 時效の停止 / 625
  • 第二節 取得時効 / 628
  • 第三節 消滅時效 / 635
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法総則
著作者等 我妻 栄
書名ヨミ ミンポウ ソウソク
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和5
版表示 オンデマンド版
ページ数 653p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-731047-8
NCID BC04859575
BN00654283
BN04611067
BN0461109X
BN07007047
BN07583489
BN07610049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47022360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想