ソ連市民200人との対話 : ペレストロイカを生きる人びと

ロイス・フィッシャー=ルーゲ 著 ; 深沢雅子 訳

26日間にソ連の7つの共和国、13都市を訪ね、200人をこす人々に話を聞いた。温度は零下17度からプラス20度にまで大きく変化し、飛行機、車、鉄道を乗りついで旅した距離はなんと3万キロにものぼった。…今回の旅行の目的は、あらゆる階層のソ連市民と、アメリカやアメリカ人について話しあうことであった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 米ソ・サミットが始まった
  • シベリアで暮らすアメリカ人
  • 国外への移住
  • 文化は神聖なり
  • 孤児院を訪ねる
  • ソ連における「民族」とは
  • アメリカ人のソ連観
  • ソ連とデモクラシー
  • ロシア人のアメリカ観
  • <精神>の価値
  • 女性の地位
  • <アメリカ>という神話
  • ソ連のマスコミ
  • 若者たち
  • 世代間のギャップ
  • むずかしい外国旅行
  • チェルノブイリの教訓
  • グラスノスチ
  • 東西の対話
  • モスクワ・サミット-1988年6月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連市民200人との対話 : ペレストロイカを生きる人びと
著作者等 Fisher-Ruge, Lois
深沢 雅子
フィッシャー・ルーゲ ロイス
書名ヨミ ソレン シミン ニヒャクニン トノ タイワ
書名別名 Nadeschda heisst Hoffnung
出版元 平凡社
刊行年月 1990.2
ページ数 367, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4582740081
NCID BN04595415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想