戦後政治と日米関係

樋渡由美 著

本書は、再軍備問題を回避し、経済成長を追求するような戦後日本の路線が、どのように選択されたかを、そのときどきの日米関係のあり方から説明しようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対米「協調」路線の形成(ドッジ・ライン
  • 講和会議以後の日米関係と池田)
  • 第2章 対米「自主」路線(日ソ国交回復
  • 積極財政
  • 安保改定)
  • 第3章 池田勇人と日米関係(池田路線の基本的性格
  • 日米パートナーシップの形成
  • 池田路線に対する批判
  • 池田路線の限界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後政治と日米関係
著作者等 樋渡 由美
書名ヨミ センゴ セイジ ト ニチベイ カンケイ
書名別名 Sengo seiji to nichibei kankei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1990.4
ページ数 278, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4130360558
NCID BN04585218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90036434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想