中村敬宇研究 : 明治啓蒙思想と理想主義

荻原隆 著

[目次]

  • 序論 研究の目的
  • 第1章 明治啓蒙思想と規範の観念
  • 第2章 『敬宇文稿』四巻の年代推定
  • 第3章 学問-啓蒙知と道徳知
  • 第4章 道徳と政治
  • 第5章 国際認識
  • 第6章 宗教-儒者のキリスト教受容
  • 結論 中村敬宇と明治啓蒙思想-規範における伝統と近代・自然と主体
  • 補論 中村敬宇とJ・S・ミル-価値・自由・平等をめぐる両者の思想について
  • 付録 中村敬宇著作目録

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p1
  • 序論 研究の目的 / p1
  • 第一章 明治啓蒙思想と規範の観念 / p5
  • 一 西周・加藤弘之と近代的自然法思想-自然的規範- / p6
  • 二 福沢諭吉と文明の観念-主体的規範- / p22
  • 三 中村敬宇と伝統的自然法思想-自然的規範- / p41
  • 第二章 『敬宇文稿』四巻の年代推定 / p51
  • 一『文稿』四 / p52
  • 二『文稿』一 / p63
  • 三『文稿』三 / p68
  • 四『文稿』二 / p71
  • 第三章 学問-啓蒙知と道徳知- / p79
  • 一 儒者時代の学問 / p80
  • 二 西洋文明の摂受と学問観の変化・不変化 / p96
  • 三 啓蒙知と道徳知 / p106
  • 第四章 道徳と政治 / p117
  • 一 儒者時代の道徳観と仁政の思想 / p118
  • 二 道徳・政治観の展開 / p129
  • 三 道徳・政治観と理の普遍性 / p159
  • 第五章 国際認識 / p171
  • 一 儒者時代の国際認識-国家平等観の形成- / p172
  • 二 維新後の国際認識-平和主義- / p188
  • 三 敬宇の理想主義の限界 / p199
  • 第六章 宗教-儒者のキリスト教受容- / p213
  • 一 儒者時代の宗教観-仏教批判- / p213
  • 二 維新後の宗教観-儒教とキリスト教- / p222
  • 三 儒者のキリスト教受容 / p235
  • 結論 中村敬宇と明治啓蒙思想-規範における伝統と近代・自然と主体- / p241
  • 補論 中村敬宇とJ・S・ミル-価値・自由・平等をめぐる両者の思想について- / p249
  • 付録 中村敬宇著作目録 / p271
  • 参考文献 / p311
  • あとがき / p315
  • 人名索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中村敬宇研究 : 明治啓蒙思想と理想主義
著作者等 荻原 隆
書名ヨミ ナカムラ ケイウ ケンキュウ : メイジ ケイモウ シソウ ト リソウ シュギ
書名別名 Nakamura keiu kenkyu
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1990.4
ページ数 316, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4657903241
NCID BN04567340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90043793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想