海洋建築物構造設計指針(浮遊式)・同解説

日本建築学会 編著

本会では1972年に海洋懇談会を設置し、1975年に海洋委員会を設置した。そして、海洋建築物の設計に際し建築学的な思考を盛り込みこれを設計指針として整備するという主旨に従って、「海洋建築物構造設計指針(固定式)・同解説」を1985年4月に、また「海洋建築計画指針」を1988年6月に出版してきた。本指針はこれらに続くもので、とくに先の固定式指針とは姉妹編ともいうべきものであり、海洋構造運営委員会とこれに属する外力・基礎・骨組容器・流力の各小委員会ならびに材料施工小委員会が中心となってまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 総則(一般
  • 適用範囲
  • 設計方針)
  • 2章 設計用荷重(一般
  • 荷重の設定
  • 環境荷重の把握と統計処理
  • 固定荷重および積載荷重
  • 環境荷重
  • 静水圧および浮力
  • 衝突荷重
  • 変形荷重および温度応力)
  • 3章 材料(一般
  • 材料強度の設定
  • 耐久性に関する事項
  • コンクリート
  • 鉄筋およびPC鋼材
  • 鋼材
  • その他の材料)
  • 4章 設計(一般
  • 限界状態設計法
  • 動揺と居住性
  • 荷重の組合せおよび荷重係数
  • 材料係数
  • 安定性の検討
  • 構造解析
  • 疲労解析
  • 疲労設計
  • 実験)
  • 5章 断面設計(一般
  • 鉄筋コンクリート構造
  • プレストレストコンクリート構造
  • 鋼構造
  • ハイブリッド構造)
  • 6章 係留の設計と施工(一般
  • 係留方法
  • 係留索
  • 係留索の設計
  • アンカーの選定
  • アンカーの把駐力)
  • 7章 建造および検査(一般
  • 建造段階の荷重
  • コンクリート工事
  • 鉄骨工事
  • 検査)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海洋建築物構造設計指針(浮遊式)・同解説
著作者等 日本建築学会
書名ヨミ カイヨウ ケンチクブツ コウゾウ セッケイ シシン フユウシキ ドウ カイセツ
書名別名 Kaiyo kenchikubutsu kozo sekkei shishin fuyushiki do kaisetsu
出版元 日本建築学会
刊行年月 1990.2
ページ数 218p
大きさ 26cm
ISBN 4818903442
NCID BN04566938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想