音と記号

A.コンドラートフ 著 ; 島原落穂 訳

[目次]

  • 目次
  • 言語学と言語学者-序にかえて- / p1
  • 序 / p4
  • 記号学は何を語っているか? / p7
  • 木々は話しているだろうか? / p7
  • 記号学のABC / p8
  • 博言家からす / p11
  • 言葉を使わずに何が話せるか / p13
  • 信号言葉,ささやき言葉,口笛言葉 / p17
  • ≪行儀言葉≫エチケット / p21
  • いちばん≪重要な≫言葉 / p23
  • 記号学は何を語っているか / p27
  • 言語と符号 / p31
  • 情報理論 / p31
  • 一つの文字にはどれだけの情報があるか? / p35
  • ≪模型語句≫ / p39
  • 書くのと,聞くのと / p47
  • 言語とサイバネティクス / p50
  • 理論と実際 / p52
  • 言語は技術的符号とどう違うか? / p56
  • 人・物・言語 / p59
  • 言葉と火事の原因 / p59
  • 物とレッテル / p60
  • ウルフの仮説 / p64
  • 月よりのルポルタージュ / p66
  • ≪世界の形象化≫ / p71
  • ≪形象世界≫の再現 / p73
  • 言葉と数 / p74
  • 人種誌言語学 / p75
  • 数と言語 / p79
  • 言葉,言葉,言葉 / p79
  • 頻度順辞書 / p81
  • 文章構成能力 / p82
  • 会話のための最小限単語集 / p83
  • 作家の言葉辞典 / p85
  • 言語学に役立つ数 / p88
  • 数と格 / p89
  • 数学的言語学 / p92
  • 言語学の時計 / p95
  • 正確な時を求めて / p95
  • ≪言語年代学方法≫ / p98
  • 基本語彙 / p100
  • 保存率 / p101
  • ≪時の検査≫ / p103
  • ≪共通辞書≫を求めて / p106
  • ≪ほとんど正確な機械≫ / p109
  • 科学の普遍記号 / p111
  • 2×2=4 / p111
  • 本の洪水 / p114
  • 機械による記憶 / p115
  • 言語をさがして / p118
  • 単語言葉と概念言葉 / p119
  • 意味の符号 / p121
  • そして,それから? / p122
  • 翻訳できないこと / p124
  • プーシキンは安心できる / p126
  • バビロンの塔 / p127
  • おとぎ話はうそ,でもそこには何かがある / p127
  • ≪生きている≫なこうど語 / p128
  • ≪半人工語≫ / p131
  • きみ,わたし,わからない / p134
  • 思考の代数学 / p136
  • ≪法王の個人的侍従≫ / p139
  • 言語と需要 / p141
  • MΠとяΠ / p145
  • 機械の奇蹟 / p145
  • 機械としての人間 / p147
  • 機械と意味 / p149
  • яΠ論争 / p153
  • 共通性を求めて / p157
  • テザウルス法 / p158
  • 意味の乗数 / p159
  • 人間の言葉,機械の言葉 / p161
  • 音と意味 / p163
  • 社会的なものだろうか,先天的なものだろうか? / p163
  • 言葉の原子 / p166
  • なぜ外国語のアクセントで話してしまうのか? / p169
  • 音の文体論 / p173
  • 言語と体系 / p176
  • 12の共通性 / p179
  • ≪ハロー,ロボット!≫ / p182
  • 人間の言葉と動物の言葉 / p185
  • 宇宙言語学 / p188
  • 出発点で / p188
  • 星との会話 / p190
  • 宇宙言語学 / p192
  • 数学は意志伝達の基礎 / p194
  • ≪宇宙語-リンコス≫ / p196
  • 知識,言語,行動 / p198
  • ≪こんにちわ,宇宙人!≫ / p201

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音と記号
著作者等 Kondratov, Aleksandr Mikhailovich
Kondratov, Aleksandr Mikhaĭlovich
島原 落穂
A.コンドラートフ
書名ヨミ オト ト キゴウ
出版元 ラテイス
刊行年月 1967
ページ数 202p
大きさ 22cm
NCID BN04566100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67004286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想