中世悪党の研究

新井孝重 著

[目次]

  • 第1部 黒田荘の形成と構造(「天喜事件」期の在地情勢
  • 悪党発生の基礎構造)
  • 第2部 寺院社会と悪僧(寺僧と僧伽共同体
  • 悪僧武力と大衆蜂起
  • 東大寺の大衆運動)
  • 第3部 農村社会と悪党(漂泊民信仰と悪党
  • 村民の法意識と悪党
  • 南北朝内乱期の戦力)
  • 第4部 石母田正『中世的世界の形成』の理論と思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世悪党の研究
著作者等 新井 孝重
書名ヨミ チュウセイ アクトウ ノ ケンキュウ
シリーズ名 戊午叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1990.3
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 4642026320
NCID BN04565323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90032695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想