サンゴの海に生きる : 石垣島・白保の暮らしと自然

野池元基 著

海も陸も、人も自然も、ひとつらなりの生態系。サンゴの海は命つぎの海。地域に暮らす人々が「地球環境」を守る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「生きる場」としての白保
  • 第1章 白保・海の範囲と陸の範囲
  • 第2章 イノーに寄り添う白保の暮らし
  • 第3章 陸に打ち上げられたサンゴ
  • 第4章 「命つぎの海」に白保が救われるとき
  • 第5章 「水」に無配慮な土地「改良」、「水」を活かすシマの「農」
  • 第6章 シマの「農」を無視し、赤土を流出させる土地「改良」
  • 終章 白保・海と人のシマの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サンゴの海に生きる : 石垣島・白保の暮らしと自然
著作者等 野池 元基
書名ヨミ サンゴ ノ ウミ ニ イキル
書名別名 Sango no umi ni ikiru
シリーズ名 人間選書 146
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1990.2
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4540891448
NCID BN04562675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90027396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想