入門世界経済 : 日本からみた世界の動き

丸茂明則 著

円高によって、わが国の一人当たり国民総生産はドル表示ではアメリカを凌駕するようになった。それだけにわが国に対する諸外国の期待も高まり、同時に市場が閉鎖的だという批判もエスカレートしている。本書では、1985年以後のドル安のもとで生じている大きな動き-米・日・欧の同時好況、NIESの活況、EC統合運動、累積債務問題-を中心に、最近の世界経済情勢を随所に取り入れた。

「BOOKデータベース」より

経常収支の世界的不均衡を、ドルの暴落や世界的大不況などという大きな混乱を招くことなく、どう是正するかが、われわれが直面している最大の課題である。第4版の改訂にあたっては、主要国の経済政策とその問題点、最近のドル安の影響、インフレ鎮静化の進展、石油情勢の変化などにつき、最新の情報を取り入れて大幅に書き直した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界における日本経済の立場
  • 2 なにが世界経済を繁栄させたか
  • 3 高成長に貢献した世界貿易の拡大
  • 4 国際通貨問題-フロート制は有効か
  • 5 インフレなき成長は可能か
  • 6 資源不足によって成長はとまるか
  • 7 南北問題を考える
  • 8 急増する東西貿易と共産圏経済の実情
  • 9 中進国のパワーをどう活かすか
  • 10 最近の世界経済-国際的政策協調の必要

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界における日本経済の立場
  • 2 なにが世界経済を繁栄させたか
  • 3 高成長に貢献した世界貿易の拡大
  • 4 国際通貨問題-フロート制は有効か
  • 5 インフレなき成長は可能か
  • 6 資源不足によって成長はとまるか
  • 7 南北問題を考える
  • 8 急増する東西貿易と共産圏経済の実情
  • 9 中進国のパワーをどう活かすか
  • 10 国際的政策協調の必要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門世界経済 : 日本からみた世界の動き
著作者等 丸茂 明則
書名ヨミ ニュウモン セカイ ケイザイ
出版元 中央経済社
刊行年月 1979.8
版表示 第4版
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 4481516119
NCID BN01808065
BN0308912X
BN04232659
BN04559954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79027805
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想