漱石俳句集

夏目漱石 著 ; 坪内稔典 編

漱石は親友子規の感化で俳句をつくり生涯におよそ2600句を残した。明治28〜32年はとりわけ熱心に作句にはげんだ時期で、子規は、この頃の漱石の俳句を評して意匠が斬新で句法もまた自在だと言っている。全作品から八四八句を選び脚注を付した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石俳句集
著作者等 坪内 稔典
夏目 漱石
書名ヨミ ソウセキ ハイクシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.4
版表示 増訂版改版
ページ数 235p
大きさ 15cm
ISBN 4003190041
NCID BA40812694
BN04554804
BN12011010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90035745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想