法律学への旅立ち : リーガル・マインドを求めて

渡辺洋三 著

法律問題とは何か、その中心にある裁判、判決、判例はどう読んだらいいのか、法律学とはどういう学問であり何のために学ぶのか、そして法律の素養を身につけた法律家という人間はいかにあるべきかを、自らの歩みを振り返りつつやさしく説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-リーガル・マインドについて
  • 法律問題とは何か(法律問題と「国家」の出番
  • 民事事件と私的自治
  • 刑事事件と国家の刑罰権
  • 行政事件と法治主義
  • 憲法問題の「事件性」)
  • 裁判・判決・判例の諸問題(判決についての三つ巴理論
  • 判決の基礎は事実認定である
  • 事実の挙証責任(立証責任)の重要性
  • 事実認定と法律判断の一体性
  • 法律論の必要性
  • 判例とは何か-判例の読み方)
  • 法律学と法律学教育(法律学教育とリーガル・マインド(教養法学)
  • 法律学と科学の差異と共通性
  • 法律学という学問の特殊性)
  • 法律家と法律学(弁護士法学
  • 検察官法学
  • 裁判官法学
  • 立法者法学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法律学への旅立ち : リーガル・マインドを求めて
著作者等 渡辺 洋三
書名ヨミ ホウリツガク エノ タビダチ
シリーズ名 法律学への第一歩 1
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.4
ページ数 194p
大きさ 22cm
ISBN 4000040758
NCID BN0455397X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90035330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想