麻酔中の不整脈 : 臨床例155によるその発見と対処法

横山 和子;益田 律子;田村 高子;島井 信子;箕作 禎子;小林 毅之【執筆】

本書は麻酔施行にあたって使用される種々の薬物による不整脈の発生機序に始まり、各種麻酔法と麻酔時の使用薬物により発生する不整脈の実例を豊富にとりあげ、その発見方法と対処および治療法を簡潔に述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎編(心電図の基礎
  • 麻酔中の不整脈)
  • 第2部 臨床編(局所麻酔中の不整脈
  • 脊椎麻酔・硬膜外麻酔中の不整脈
  • 吸入麻酔薬による不整脈
  • 静脈麻酔薬による不整脈
  • 麻酔関連薬
  • 特殊治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 麻酔中の不整脈 : 臨床例155によるその発見と対処法
著作者等 横山 和子
小林 毅之
島井 信子
田村 高子
箕作 禎子
益田 律子
書名ヨミ マスイチュウ ノ フセイミャク
書名別名 Masuichu no fuseimyaku
出版元 HBJ出版局
刊行年月 1990.4
ページ数 270p
大きさ 26cm
ISBN 4833710161
NCID BN04553834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91029474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想