人間原理の宇宙論 : 人間は宇宙の中心か

松田卓也 著

本書では、現在の宇宙の存在自体が人間存在と密接に関係していると考える人間原理の思想の系譜を紹介し、我々の宇宙の物理定数はなぜ現在のような値なのか、なぜ我々は3次元空間に住んでいるのか、といった問いかけに、人間原理から答えていく。人間と宇宙とのかかわり合いを人間原理という視点から探った興味あふれる書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自然科学と人文科学の間のコミュニケーション・ギャップ
  • 1章 宇宙原理と人間の没落
  • 2章 巨大数の謎と宇宙の調和
  • 3章 人間原理と人間の復活
  • 4章 宇宙文明との交信
  • 5章 超知性への進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間原理の宇宙論 : 人間は宇宙の中心か
著作者等 松田 卓也
書名ヨミ ニンゲン ゲンリ ノ ウチュウロン
シリーズ名 科学精神の冒険 3
出版元 培風館
刊行年月 1990.3
ページ数 240, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4563020532
NCID BN04546828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90031845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想