日本の仏典  10

上田 晃円【著】

鎌倉後期最高の学僧である東大寺凝然の、日本仏教各宗の一一について成立・伝承の系譜と思想の要点を簡潔に解説した、日本仏教全体の概説・入門書として広く読まれてきた本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序(仏教の法門
  • 仏教の歴史)
  • 第1章 倶舎宗
  • 第2章 成実宗
  • 第3章 律宗
  • 第4章 法相宗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の仏典
著作者等 上田 晃円
凝然
書名ヨミ ニホン ノ ブッテン
書名別名 凝然 : 八宗綱要. 上
シリーズ名 八宗綱要
巻冊次 10
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.3
ページ数 397, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4480331107
NCID BN04539742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90031584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
凝然 : 八宗綱要. 上 上田 晃円
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想