日本蜑人伝統の研究

田辺 悟【著】

沖縄から下北半島にいたる各地の漁村の実地調査をもとに、蜑人(あま=海士・海女)の労働の実態と社会組織・風習・信仰・祭事の詳細を記録するとともに、その分布と交流を明らかにし、わが国漁撈文化の古層をなして連綿と続けられてきた裸潜水漁の伝統を総合的に跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 蜑人伝統の民俗学的研究(蜑人の研究史
  • 蜑人の史的伝統
  • 蜑人の民俗的伝統
  • 蜑人の伝統的生活と文化
  • 蜑人の物質文化的側面
  • 日本の蜑人と風土)
  • 第2部 蜑人の伝統的存在形態に関する実証的調査と研究(南西諸島地域における裸潜水漁の伝統的存在形態
  • 日本海流(黒潮)の影響をうける地域の裸潜水漁の伝統的存在形態
  • 対馬海流の影響をうける地域の裸潜水漁の伝統的存在形態
  • 日本周辺地域における裸潜水漁の伝統的存在形態)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本蜑人伝統の研究
著作者等 田辺 悟
書名ヨミ ニホンアマデントウノケンキユウ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.3.30
ページ数 740,3p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4588321099
NCID BN04522003
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想