桜史

山田孝雄 著 ; 山田忠雄 校訳

ただ「花」といえば「桜花」を指すといわれるほどに、春爛漫の桜は日本人に格別の意味を持つ。ようやく長い冬が去り、光あふれる春の訪れ。その証しとして美しい薄桃色の花が万朶と咲き匂うとき、私たちの春の歓びは極まる。桜と日本人のかかわりの歴史を、上古より現代まで七期に分け、桜花にまつわる逸話・詩歌・人物のあらゆる事柄についてまとめた。国文学研究の第一人者による比類なき"桜"讃歌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 上古の巻(桜を花とのみいふことのはじめ
  • 桜児
  • 野山の桜 ほか)
  • 中古の巻(花の宴
  • 桜会
  • 桜狩 ほか)
  • 近古の巻(左近の桜
  • 嵐山と北山
  • 鎌倉の桜 ほか)
  • 中世の巻(兼好法師の桜花観
  • 吉野の花の嵐山
  • 赤葉の八重桜 ほか)
  • 近世の巻(花の御所
  • 東山の花
  • 醍醐の花見
  • 碁打の花見
  • 徳川光圀の愛花
  • 上野の花
  • 桜宮の歓進 ほか)
  • 現代の巻(平野知秋の桜賦
  • 小金井の行幸
  • 開成山の桜 ほか)
  • 附録(はな
  • 日本精神と本居宣長)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜史
著作者等 山田 孝雄
山田 忠雄
書名ヨミ オウシ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1990.3
ページ数 504p
大きさ 15cm
ISBN 4061589164
NCID BN04520303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90026927
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想