東欧革命と社会主義

加藤哲郎 著

なにが死滅し、なにが蘇生しようとしているのか。本書は、一人のマルクス主義政治学者の真摯な自己批判と再生の試行であり、民主主義的討論フォーラムの呼びかけである。現存社会主義の死の苦悶に新しいマルクス主義の観点から取り組んだ意欲的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東欧民主主義革命-その理論的衝撃
  • 2 社会主義と国家の140年-レーニン主義国家論批判
  • 3 「国家権力の社会による再吸収」の思想-レーニン主義国家論と社会主義・民主主義
  • 4 永続民主主義革命の理論-フランス革命200周年と資本主義・社会主義・民主主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東欧革命と社会主義
著作者等 加藤 哲郎
書名ヨミ トウオウ カクメイ ト シャカイ シュギ
書名別名 Too kakumei to shakai shugi
出版元 花伝社
刊行年月 1990.3
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 476340220X
NCID BN04514435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90029321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想