計算機工学の基礎

重井芳治 著

本書は、高校卒業レベルの予備知識を前提に、特に情報・計算機に興味をもつ人たちが、将来計算機の専門技術者になろうとする際の仲立ちとして最適な教科書・参考書となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数の表現
  • 論理代数
  • 組合せ回路とその応用
  • 順序回路
  • 記憶装置および入出力装置
  • 計算機の概要
  • 機械語とアセンブリ言語
  • アセンブラおよびコンパイラ
  • 入出力インタフェース
  • データ構造
  • 高級言語によるプログラミング
  • オペレーティングシステムOS
  • 汎用計算機における各種の高速化手法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計算機工学の基礎
著作者等 重井 芳治
書名ヨミ ケイサンキ コウガク ノ キソ
書名別名 Keisanki kogaku no kiso
出版元 近代科学社
刊行年月 1990.4
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 4764901668
NCID BN04510955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90033053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想