昭和文学史の残像  1

平岡敏夫 著

「昭和」の終焉に触発されたアンビヴァレントな感情と、「昭和」という時代の意味の文学史的な立場からの追求をモチーフに編んだ著者の昭和文学史論。『日露戦後文学の研究』を受けて昭和初期の作家達を論じ、また戦前・戦中の作家に及ぶかたわら無名戦記にも言及、更に昭和の終焉の直前に逝った「なつかしい」人達をはじめとする戦後作家をも取り上げた、昭和・昭和文学史への著者の胸底の残像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日露戦後から大正・昭和へ(葉山嘉樹論-肉体破砕のイメージ
  • 小林多喜二-「人を殺す犬」と「監獄部屋」 ほか)
  • 第2部 芥川龍之介と横光利一
  • 第3部 宮沢賢治
  • 第4部 中原中也
  • 第5部 太宰治
  • 第6部 小林秀雄
  • 第7部 戦時下の文学(石川淳「マルスの歌」昭和15年の無名戦記10冊)
  • 第8部 戦後の出発(大岡昇平『俘虜記』
  • 大江健三郎における敗戦と民主教育
  • 島尾敏雄の<場所>)
  • 第9部 政治と文学・組織と人間
  • 第10部 昭和のルサンチマン(田宮虎彦「絵本」
  • 一色次郎「青幻記」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和文学史の残像
著作者等 平岡 敏夫
書名ヨミ ショウワ ブンガクシ ノ ザンゾウ
巻冊次 1
出版元 有精堂
刊行年月 1990.1
ページ数 390, 9p
大きさ 22cm
ISBN 464031003X
NCID BN04502458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90015893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想