夜と陽炎 : 耳の物語2

開高健 著

耳の越に刻まれた《音》の記憶をもとに半生を再構築する。《音》は茫漠たる過去を鮮から照らし出す。-ヴェトナムの戦場で体験した迫撃砲の轟音。家庭をかえりみない夫に対して妻と娘が浴びせかける罵声。アマゾンで聞いたベートーヴェン…。昭和29年にサントリーに入社し、芥川賞を得て作家となり現在に至るまでを、一人称「私」ぬきの文体で綴る野心作。日本文学大賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夜と陽炎 : 耳の物語2
著作者等 開高 健
書名ヨミ ヨル ト カゲロウ
書名別名 Yoru to kagero
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1989.12
ページ数 261p
大きさ 16cm
ISBN 4101128235
NCID BN04492489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90016044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想