新・木綿以前のこと : 苧麻から木綿へ

永原慶二 著

木綿が普及する以前、原料植物の栽培・採取からはじめて、生地を織り上げるまで一貫して自給性が強い手間暇のかかる衣生活を、ほとんどの日本人は強いられていた。しかし、栽培と製品化の分業が可能で生産性も高く、保温力・着ごこちともに優れ、しかも多彩な染色ができる木綿栽培の拡大は、それまでの日本人の暮らしに大変革をもたらした。衣生活はもとより、近世社会繁栄の要因の1つともいえる木綿の大衆化に至る過程を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • おあむの歎き-問題の発端
  • 古代・中世の民衆の衣生活
  • 苧麻を植え・績み・織る
  • 日本人、木綿を知る
  • 木綿の国内栽培はじまる
  • 木綿の用途
  • 爆発的な木綿の広がり
  • 木綿を植え・紡ぎ・織る
  • 木綿をテコとする経済構造の転換

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・木綿以前のこと : 苧麻から木綿へ
著作者等 永原 慶二
書名ヨミ シン モメン イゼン ノ コト
書名別名 Shin momen izen no koto
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.3
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4121009630
NCID BN04469137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90052790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想