日本の都市社会

倉沢進 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 都市と社会学 / p3
  • 第一節 現代都市問題と社会学 / p3
  • 第二節 アーバニズムの理論 / p5
  • 第三節 都市の社会学的研究の課題 / p13
  • 第二章 都市化の概念と理論的枠組 / p20
  • 第一節 都市化の歴史的限定 / p21
  • 第二節 社会過程としての都市化 / p26
  • 第三節 近代化・産業化・都市化 / p32
  • 第四節 郊外化とディスオーガニゼーション / p39
  • 第五節 多元的都市化理論および日本のばあい / p43
  • 第三章 都市社会の構造 / p48
  • 第一節 都市社会の特質 / p48
  • 第二節 都市の集団と階層 / p58
  • 第三節 都市の地域と流動 / p68
  • 第四章 日本の都市社会 / p75
  • 第一節 日本の近代都市 / p75
  • 第二節 近代都市の発展類型 / p79
  • 第三節 伝統消費型都市の社会構造 / p86
  • 第四節 産業型都市の社会構造 / p93
  • 第五節 メトロポリスの社会構造 / p97
  • 第六節 都市社会の変貌 / p104
  • 第七節 伝統消費型都市と工業化 / p106
  • 第八節 メトロポリスと広域化 / p114
  • 第五章 都市の総合分類と変動 / p124
  • 第一節 方法論的検討 / p125
  • 第二節 昭和三〇年の都市分類 / p134
  • 第三節 都市の成立過程 / p153
  • 第四節 再分類と最近の動向 / p160
  • 第六章 都市流入と社会的移動 / p177
  • 第一節 東京 地方出身別構成の変動 / p178
  • 第二節 流入者の社会的背景と定着 / p182
  • 第三節 東京 地方出身別にみた職業移動 / p198
  • 第四節 要約と結論 / p207
  • 第七章 都市化と都会人の社会的性格 / p210
  • 第一節 問題とアプローチ / p211
  • 第二節 調査研究の枠組 / p217
  • 第三節 調査結果の分析 / p225
  • 第四節 要約と結論 / p238
  • 第八章 近郊都市と市民意識 / p244
  • 第一節 近郊都市と来住市民 / p245
  • 第二節 市民意識概念の問題 / p248
  • 第三節 調査の方法と結果 / p253
  • 第四節 要約と結論 / p262
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の都市社会
著作者等 倉沢 進
書名ヨミ ニホン ノ トシ シャカイ
出版元 福村
刊行年月 1968
ページ数 269p
大きさ 22cm
NCID BN04467685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68001154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想