イギリス古典経済学

ミーク 著 ; 吉田洋一 訳

[目次]

  • イギリス古典経済学 目次
  • 訳序 / p1
  • 凡例 / p5
  • 一 イギリスにおけるリカードウ経済学の衰退 / p7
  • 一 〔リカードウ経済学の成立〕 / p13
  • 二 〔リカードウ経済学の沒落〕 / p27
  • 二 イギリスにおける重農主義と古典主義 / p47
  • 一 重農主義と古典主義 / p50
  • 二 重農主義論爭 / p62
  • 三 重農主義と初期の過少消費説 / p93
  • 一 〔重農主義の消費理論〕 / p97
  • 二 〔重商主義およびスミスの消費理論〕 / p106
  • 三 〔ウィリァム・スペンスの過少消費説〕 / p114
  • 四 〔シスモンティの過少消費説〕 / p127
  • 五 〔マルサスの過少消費説〕 / p136
  • 六 〔チャルマズその他の過少消費説〕 / p151
  • 七 〔経済思想史における初期の過少消費説の位置〕 / p157
  • 解説 / p173

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イギリス古典経済学
著作者等 Meek, Ronald L
吉田 洋一
ミーク
書名ヨミ イギリス コテン ケイザイガク
書名別名 Igirisu koten keizaigaku
シリーズ名 社会科学ゼミナール ; 第11
出版元 未来社
刊行年月 1956
ページ数 199p
大きさ 19cm
NCID BN04465125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56005923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想