宮沢賢治の見た心象 : 田園の風と光の中から

板谷栄城 著

1滴の露に全宇宙の美を見、一陣の風に永遠のときを感ずる。空にひびわれを見、天に響く妖しい楽の音を聴き、月に苹果の匂いを感ずる。賢治は心の中に明滅するさまざまな幻想や思念を、その場で書き留めてそれらを"心象スケッチ""心の風物"と呼んだ。本書は、賢治の<心の中の宇宙>に分け入りながら、時代を超えて生きる詩人・童話作家のみずみずしい<イメージ表現><言語宇宙>を捉えなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 心象の世界へ(青い光と黄いろな時間-色と光の心象
  • 天の楽音、空の軌り-音と匂いの心象
  • 空のひびわれから異空間を見る-空の心象
  • 四次元世界に遊ぶ-心の心象)
  • 第2章 交響する心象
  • 第3章 心象の背景を追う(透きとおった空の涯-天に結ぶ心象の世界
  • 永遠のときを重ねた輝き-大地と自然の心象)
  • 第4章 心象の言葉をめぐって(言葉のミクロコスモス-詩の心象を読む
  • 銀河空間へ向って-童話の心象を読む)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治の見た心象 : 田園の風と光の中から
著作者等 板谷 栄城
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ノ ミタ シンショウ
書名別名 Miyazawa kenji no mita shinsho
シリーズ名 NHKブックス 591
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.4
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4140015918
NCID BN04457546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90034532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想