子どもと自然

河合雅雄 著

子どもを取り巻く環境から、ますます自然が失われつつある現代、ヒトの子育てもさまざまの新しい問題に直面している。人類学の立場から、サルの社会とも比較しつつ、自力で生きる能力の衰退、家族の変容など現在の状況をふまえて、人間の発達にとって自然の果す役割と、これからの教育はどうあるべきかを考える。

「BOOKデータベース」より

子どもを取り巻く環境から、ますます自然が失われつつある現代、ヒトの子育てもさまざまの新しい問題に直面している。人類学の立場から、サルの社会とも比較しつつ、自力で生きる能力の衰退、家族の変容など現在の状況をふまえて、人間の発達にとって自然の果す役割と、これからの教育はどうあるべきかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 内なる自然
  • 2 発達と母子関係
  • 3 学ぶ・教える・育てる
  • 4 家族とは何か
  • 5 文化と自然

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 内なる自然(人間はどこへ行くのか
  • サルからヒトへ
  • 未熟からの出発)
  • 2 発達と母子関係(霊長類の子どもたち
  • 愛情としつけ
  • あそびと社会性)
  • 3 学ぶ・教える・育てる(行動の進化
  • 学習と個性
  • 知の楽しさ
  • からだで覚える)
  • 4 家族とは何か(家族の誕生
  • インセストタブー)
  • 5 文化と自然(若者が文化を創造する
  • 自然に親しむ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもと自然
著作者等 河合 雅雄
書名ヨミ コドモ ト シゼン
書名別名 Kodomo to shizen
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.3
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4004301130
NCID BN04454967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90032973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想