自然農法の野菜つくり : 無農薬・無化学肥料の実際

自然農法国際研究開発センター 編

安全でおいしいのはもちろんだが、収量も慣行栽培並になってきた自然農法。その実際を8つの事例に学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然農法の考え方と技術(自然農法の基本的な考え方
  • 自然農法への移行技術)
  • 実例追究 自然農法の野菜つくり(ピーマンのハウス栽培-敷き草とそのすき込みで下層まで土の団粒化がすすむ
  • 雨よけトマト、露地キュウリなど-培養土、ボカシ肥、堆肥の三本柱で大玉づくり
  • スイカの大型トンネル栽培-ダイズと稲ワラ堆肥で土つくり、二番果穫りも見えてきた
  • ナス、スイートコーンなどの路地栽培-ボカシ肥、発酵青汁、木酢液などの活用で多品目野菜つくり
  • ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー-多肥向きの葉菜類を無肥料・無農薬でつくる
  • ダイコン、ミツバなど-イネ科、マメ科作物との輪作で、超大規模ダイコン栽培
  • タマネギなど-モミガラ堆肥とえん麦すき込みで堅くしまったタマネギつくり
  • ジャガイモ、ニンジンなど-小麦間作赤クローバーなど、畑の違いに合わせた輪作体系)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然農法の野菜つくり : 無農薬・無化学肥料の実際
著作者等 自然農法国際研究開発センター
書名ヨミ シゼン ノウホウ ノ ヤサイツクリ
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1990.2
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 4540891200
NCID BN0444263X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90027472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想