涓涓集

安倍能成 著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 斎藤茂吉と私 / p2
  • 吉右衛門のこと / p7
  • 三つの画像 / p13
  • 郭沫若さんを迎へる詞 / p18
  • 川崎さんのこと / p23
  • 蕭々雅子の遺稿 / p30
  • 「迷路」の会の記 / p34
  • 弔詞-高浜虚子- / p37
  • 水穂君の思ひ出 / p41
  • 阿部次郎死去の報をきいて / p45
  • 今日このごろ-十河信二君の喜寿に寄せて- / p47
  • 和辻君を悼む / p50
  • 柳宗悦君を惜しむ / p53
  • 長与君と私 / p55
  • 津田さんのこと / p60
  • 子規と漱石 / p64
  • 秋田雨雀君のこと / p67
  • 中谷君 / p70
  • 前田多門君のこと / p74
  • 下掛宝生(ワキ宝生)について / p78
  • 正宗白鳥氏のこと / p92
  • 赤木桁平君のこと / p93
  • 宝生新先生のこと / p98
  • 世阿弥の能と現在の能 / p101
  • 武者小路君のこと / p104
  • 田辺君のこと / p107
  • 漱石先生と漱石夫人 / p109
  • 高浜さんの追懐 / p113
  • 浅川伯教君のこと / p125
  • 「寺田さんを通じて」 / p131
  • 辰野君のこと / p135
  • 高橋里美君のこと / p140
  • 松根東洋城君のこと / p144
  • 中勘助の死 / p148
  • 谷崎君のこと / p157
  • 夏目夫人の率直な人間味 / p162
  • 「漱石全集」の編輯者としての小宮 / p164
  • II
  • 私の宗教観 / p172
  • 書斎 / p174
  • 松山の方言 / p177
  • 蒼海の書 / p181
  • 交ぜ御飯その他 / p184
  • 記憶の中の食味 / p188
  • 飯田の街のリンゴ / p192
  • 早暁の散歩 / p195
  • 慶応義塾の百歳を祝す / p198
  • 漬物 肉 果物 / p204
  • 廻礼と賀状 / p209
  • 買物ぎらひ / p212
  • 一貫の教育 / p216
  • 私学十五年のこと / p219
  • 老境の食味 / p226
  • 昔はよかつたか / p230
  • 或る日の思ひ / p233
  • 隅田川のこの上臭くならぬことを願ふ / p236
  • 結婚の披露その他 / p241
  • 私と下落合 / p248
  • 福沢全集完成記念 / p250
  • 落語雑感 / p253
  • 武蔵野小感 / p255
  • 食味と年齢 / p256
  • そぞろごと / p261
  • なぜ哲学を選んだか / p263
  • 漱石全集旧編集委員 / p264
  • その頃のこと / p266
  • III
  • 戦争直後の博物館 / p274
  • 新しい時代の夜明け / p279
  • 新入学生を迎へる / p282
  • 学生の自治について / p286
  • 皇室と国民 / p290
  • 創立八十五年を迎へて / p299
  • 人類心と結びついたもの / p302
  • あとがき(岩波書店編集部) / p307

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 涓涓集
著作者等 安倍 能成
書名ヨミ ケンケンシュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
ページ数 308p 図版
大きさ 20cm
NCID BN04442072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想