盗み・ばくち

石井 良助【著】

十両以上の盗みは死刑や、追剥・土蔵破り・火付等、江戸時代の犯罪と残酷な刑罰を中心に、チョボ一・丁半・かるた等、各種博奕を貴重写真とともに紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 十両以上の盗みは死刑のこと
  • 追剥と追落のこと
  • 家蔵え忍入の盗のこと
  • 盗人はこれを殺してもさしつかえなかったこと
  • 正当防衛はあったか否かのこと
  • 「戸明きの盗」のこと
  • 途中にての小盗(すり)のこと
  • ばくちのこと〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盗み・ばくち
著作者等 石井 良助
書名ヨミ ヌスミバクチ
シリーズ名 江戸時代漫筆 第3
出版元 明石書店
刊行年月 1990.2.25
ページ数 224p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN04407821
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想