世界に於ける日本美術の位置

矢代幸雄 著

応挙の絵は写実的か。法隆寺壁画の特徴は雄渾美か。日本の名品を世界美術の視野に置いて見れば、際立つものは、むしろ優美艶麗な装飾美にほかならない。美術史家として国際的に活躍した著者は、日本美術鑑賞の「常識」を本書で敢然と覆す。芸術に対する公正な愛情を貫いた記念碑的な名講演(1934年)に、美の再興への思いほとばしる終戦直後の一論を加え、真の文化交流への道を提言。その語りは清新、芳烈の気を放ち、心を打つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際文化と日本美術(敗戦後の日本
  • 明治初年と現在
  • 外国研究のやり直しと批判的摂取
  • 米国文化と日本
  • 外国研究に於ける要点の理解の困難
  • 笑えぬ誤解
  • 日本文化の海外進出について
  • 文化の意義
  • いわゆる文化外交
  • 日本の国際文化事業に対する疑惑
  • 日本の文化力とその世界文化に対する貢献
  • 戦後初めての奈良京都への旅-サンソム卿とジョンソン大使
  • 西芳寺の庭を前にして結ばれたる東西の心
  • 個人外交ということ)
  • 世界に於ける日本美術の位置
  • 世界に於ける日本美術の認識
  • 美術の世界性
  • 日本美術に対する世界的批判の必要
  • 日本美術の不評判
  • 日本の対外宣伝と美術
  • 日本彫刻論(日本彫刻に於ける立体性の欠陥
  • 鎌倉彫刻と写実の限界
  • 宗教芸術の象徴性と静相の彫刻
  • 推古天平弘仁の大彫刻
  • 藤原彫刻の感傷性
  • 日本木彫論)
  • 日本絵画論(水絵具と油絵具
  • 日本絵画とイタリアの壁画
  • 日本絵画の装飾性-大和絵-光琳派とその源流
  • 日本絵画の多彩-日本水墨画-日本絵画に於ける雪の描出
  • 日本絵画の印象主義-浮世絵
  • 日本肖像画論
  • 日本仏画の感傷的傾向-来迎芸術
  • 絵巻物論
  • 禅宗絵画と文人画)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界に於ける日本美術の位置
著作者等 矢代 幸雄
書名ヨミ セカイ ニ オケル ニホン ビジュツ ノ イチ
書名別名 Sekai ni okeru nihon bijutsu no ichi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.12
ページ数 210p
大きさ 15cm
ISBN 4061588575
NCID BN04407785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89014464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想