聖徳太子

上原和 [著]

本書は、久しく法隆寺の再建・非再建をめぐって謎とされてきた諸問題を、文献批判と美術史家の立場から物のかたちを通して克明に論証したものである。たとえば、法隆寺建築の細部に初唐様式の影響が見られる点まぎれもない白鳳様式であること、法隆寺金堂再建のさい玉虫厨子の建築的意匠が模倣されたことなどを指摘し、あわせて太子の釈迦信仰の姿をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 不死鳥の寺・法隆寺
  • 1 法隆寺の創建
  • 2 斑鳩(いかるが)と太子コロニーの誕生
  • 3 法隆寺の再建
  • 4 太子の信仰と芸術
  • 付1 法隆寺に謎は存在するか
  • 付2 ひとりの古代知識人の運命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子
著作者等 上原 和
書名ヨミ ショウトク タイシ
書名別名 再建法隆寺の謎

Shotoku taishi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1987.3
ページ数 215p
大きさ 15cm
ISBN 406158782X
NCID BN04405575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87024539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想