ふるさとの生活

宮本常一 著

著者は若き日の小学教師の経験を通し、ふるさとに関する知識や理解を深めることが、子どもの人間形成にとっていかに大切であるかを生涯にわたって主張した。本書は日本人の生活の歴史を子どもたちに伝えるため、戦中戦後の約10年間、日本各地歩きながら村の成り立ちや暮よし、古い習俗や子どもを中心とした年中行事等を丹念に掘りおこして、これを詳細にまとめた貴重な記録である。民俗調査のありかたを教示して話題を呼んだ好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ほろびた村
  • 2 人々の移動
  • 3 今の村のおこり
  • 4 村のなりたち
  • 5 暮らしのたて方
  • 6 休みの日
  • 7 ひらけゆく村

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ふるさとの生活
著作者等 宮本 常一
書名ヨミ フルサト ノ セイカツ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.11
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 4061587617
NCID BN04404812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87007482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想