中原中也

大岡昇平 著

中原の不幸は果して人間という存在の根本的条件に根拠を持っているか。…人間は誰でも中原のように不幸にならなければならないものであるか。…深い友情から発した鋭い洞察力と徹底した実証的探究で、中原中也とは何か、文学とは何かに迫る第一級の評伝。野間文芸賞受賞の『中原中也』から、「中原中也伝-揺藍」「朝の歌」「在りし日の歌」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中原中也伝-揺籃
  • 『朝の歌』
  • 『在りし日の歌』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中原中也
著作者等 大岡 昇平
書名ヨミ ナカハラ チュウヤ
書名別名 Nakahara chuya
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.2
ページ数 366p
大きさ 16cm
ISBN 4061960377
NCID BN04404390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想