アメリカ哲学

鶴見俊輔 著

本書のねらいは、アメリカの哲学をプラグマティズムを中心として見てゆくことにある。哲学を哲学専門家の手からとり戻し、今日の社会に生きるさまざまな人々の生き方・見方・考え方の反省としての哲学が新しく創られねばならないという観点に立って、著者はプラグマティズムの起源から構造や思想家を縦横に論じていく。アメリカの哲学、プラグマティズムの全体像についての単なる学術的解説にとどまらない真に独創性豊かな哲学書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プラグマティズムの起源
  • 第2章 パースの人と思想
  • 第3章 パースの意味
  • 第4章 ジェイムズの人と思想
  • 第5章 哲人法官ホウムズ
  • 第6章 G.H.ミード
  • 第7章 オットーの人と思想
  • 第8章 プラグマティズム年代記
  • 第9章 プラグマティズムの構造
  • 第10章 プラグマティズムの位置
  • 第11章 プラグマティズムの可能性
  • 第12章 サンタヤナ-唯美主義
  • 第13章 ハックスリー-非人間主義
  • 第14章 佐々木邦-小市民の日常生活
  • 第15章 プラグマティズムと日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ哲学
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ アメリカ テツガク
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 364p
大きさ 15cm
ISBN 406158748X
NCID BN04403999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想